スポンサーリンク

介護は家族を不幸にするか?

今日、薬局にご相談にみえたお客様
胃カメラと大腸カメラのおすすめの病院をお尋ねになられた。

よくよく、お話をうかがうと、
お父様を看取られて、
現在は、お母様の介護中とのこと。

ストレスで、ご自身に
胃カメラ、大腸カメラの必要が生じたようです。

話ができる友達もいなく、仕事も思い通りにいかず、今も独身でいる。
時には、親に手をあげてしまったご経験もおありとのこと。

とにかく、誰かに話がしたかったと…
そうおっしゃっていました。

精神的にも肉体的にもかなりまいってしまっているのは明らかでした。

いったい誰がこの方に手を差し伸べることができるのでしょう。

私がアドバイスできることは、
一人で抱え込まないでください介護は長期戦です。
少しだけでも余裕を残しておいてください。
そのために使える公的サービスは全て活用してください。
共感できる仲間を持ってください。
一つでもいい介護しながらできる趣味を持ってください。

介護は決して不幸では無いと思えるように。

[`evernote` not found]
LINEで送る

みなさんからのコメントお待ちしています♪

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。