スポンサーリンク

日焼け | 健康くらぶ通信

『健康くらぶ通信』日焼け

■ルークスドラッグストア通販ショップ
http://lukes.co.jp

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

        「元気」がいちばん!

     ルークスドラッグストア通販ショップ

    走る薬剤師 大徳秀幸の 「健康くらぶ通信」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

===========================

こんにちは!

ルークスドラッグストア薬剤師の 大徳秀幸です!

これからの季節、日焼けが気になりますね!

=====================
日焼けも
「やけど」の一種です。
=====================

日焼けの原因は「紫外線」です。

紫外線には「UV-A」と「UV-B」があるのですが、
UV-Aはやけどの原因になる。
UV-Bは肌トラブルの原因になる。
という程度に覚えていただければ十分です。

強い紫外線を浴びると、肌が赤くなり「やけど」と同じ症状が起こります。

肌に腫れやほてりがあるときは、
冷湿布や冷水のシャワーで冷やしましょう。

その後、炎症を抑えるローション剤やクリーム剤をつけます。

炎症がひどいときは入浴して温まることは避けましょう。

また、さらに追加で紫外線を浴びることも避けましょう。

=====================
日焼け止めの表示にある
「SPF」って何?
=====================

SPFは紫外線(UV-B)の防止効果持続時間を表しています。

例えば、「SPF10」とは、

何も塗らない肌が10分で日焼けするとしたら、
「SPF10」の日焼け止め製品を塗った肌が日焼けするのには、
その「10倍」の100分かかる。

SPF20なら20倍の200分。

SPF30なら30倍の300分。

ということを意味しています。

=====================
「PA」っていう表示も
見たことありますけど…
=====================

PAは紫外線(UV-A)の防止効果を表しています。

PA+ :効果がある

PA++ :かなり効果がある

PA+++ :非常に効果がある

=====================
日焼け止めを選ぶときは…
=====================

■日常生活なら SPF20前後、PA++

■レジャーやリゾート地なら、状況に合わせて、SPF30〜SPF50 PA++〜PA+++

を目安にしてください。

大切なポイントは、
「こまめに塗りなおすこと」です。

日焼け対策 万全でお出かけください!!

————————————————-

[`evernote` not found]
LINEで送る

みなさんからのコメントお待ちしています♪

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。