スポンサーリンク

「無力でよい」|訪問診療医 小澤竹俊 医師の言葉

NHK プロフェッショナル 仕事の流儀
わが家で穏やかに、最期を導く
「最期まで一緒にいたい」夫婦 支える在宅医療の現場

 

「無力でよい」

訪問診療医 小澤竹俊 医師の言葉です。

「人の力になりたい」と

 

終末期医療の現場で活躍する医師が、

苦悩のなかで得た言葉です。

 

 

小澤医師の言葉

「力になりたいという気持ちを決して忘れてはいけない。

その気持ちがありながら“力になれない自分がそこにいてよい”と思える」

 

(自分は)「無力でよい」

この言葉のかげには

多くの努力と、葛藤と、愛がある。

 

 

ひとが最期をむかえるときに、

なにが大切なのかを

考えさせてくれる番組でした。

 

自分は無力であると認めた小澤さんには、

はかりしれない力があると思いました。

 

「人の力になりたい」

 

「無力でよい」

 

それを自覚したひとがプロフェッショナル

 

 

[`evernote` not found]
LINEで送る

みなさんからのコメントお待ちしています♪

 

メールマガジン 「健康くらぶ通信」 を購読する

*メールアドレス
*名前(姓・名)



「いいね!」で 走る薬剤師 大徳秀幸 公式ブログ の更新情報を受け取る!




LINEで 走る薬剤師 大徳秀幸 公式ブログ の更新情報を受け取る!

友だち追加

スポンサーリンク

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。